おひさま楽団の部屋

sunnysong.exblog.jp
ブログトップ

12/23(木) 三木教会クリスマス燭火礼拝出演

ただ今帰ってきましたー。
今日はなんと教会での出演。それもクリスマス礼拝です。
私はクリスチャンではないので、クリスマスに教会に行くなんて、子供の頃に行ったきり久しぶりでした。
(正確には今日は天皇誕生日ですが、教会側の都合で1日早くされたようです)
写真を撮ろうと思っていましたが、カメラ忘れました。しかもケータイも忘れました!
これは神様が安易な気持ちで写真をとるなというお告げでしょうか。
こぢんまりとした落ち着いた教会で、長テーブルの上にローソクが灯され、それをみんなで囲んでの会でした。

燭火礼拝は最初の30分間。
いつもは「ヒム・プレーヤー」という機械で伴奏を流して賛美歌を歌っておられるそうですが、今日はおひさま名ピアニスト・ユミちゃんによる“生伴奏”ということで、とても喜んでいただきました。
(懐かしい足踏みオルガンもありましたが、今回は電子ピアノ持込で。)
途中、牧師さんの講話もあり、とてもイイお話で心が洗われました(単純)。
しかしなんですな、賛美歌って4声でハモるととっても安定した響きで最高にキレイですね。しかも和声の勉強にはもってこい!ていうかこれが西洋音楽の基礎ですね。
キリスト教の国では子供の頃から毎週日曜礼拝でこれ歌ってるのか・・・と思うと西洋音楽のルーツの深さというか生活との結びつきの強さというか、感心とともに「かなわんなー」という思いがしました。

その後、テーブルには御馳走がならび、懇話会タイム。
華やかなオードブルやお寿司(教会でお寿司とはなんともオツ?)を美味しくいただいた後は、私たちの時間。
子どもさんも来るとか聞いていたので、「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」などでスタート。
大人のみなさんには「学生時代」。あとはこの時期ならではの「冬の星座」「雪の降る町を」などなど・・・
リクエストもいただき、全部で13曲歌いました。
最後は教会の方のクラリネット伴奏で賛美歌「神とともにいまして」で大団円。
みなさんさすが普段から賛美歌で鍛えておられるだけあって、美しいお声が響いていました。

お帰りには余った食事やお寿司をたくさんいただきました(^o^)v

本日の団員=7名

帰り際に「靴がないない!」と大騒ぎしたワタクシは、今日はいてきた靴も忘れる本日一番の迷惑者でした。(スニーカーはいてきたのに革靴を探して、あやうく帰りかけておられた牧師さんまで引き止めるところでした)
懺悔・・・(-_-;)
[PR]
by ohisama_mikiroon | 2010-12-23 22:38 | 出演記録 | Comments(0)